不動産ビジネスの成功請負人といえばCCS

CCSの建築プロジェクト支える、こだわりのある職人気質のメンバーをご紹介いたします。

チーム the コモリ

02

建築は、サプライズ。
建築士/田口剛章

建築は、サプライズ。建築士/田口剛章

田口さんはとても物腰の柔らかい人だ。取材者の拙い質問にも的確に意図を汲んで応じてくれる。「どうしてそんなにお話が上手なのですか」と訊ねると、「僕もいつもインタビューをしているからですよ」と仰る。「インタビューアーの気持ちがよく分かるんです」彼の言うインタビューとは、施主さんへの聞き取りのことだった。取材はそんな話から始まった。

建築士という、セラピスト。

僕が住宅建築のお仕事をお引き受けする前に時間をかけて行なっているのが、お客さんの生活の「聞き取り」です。「あれもやりたい」「これもやりたい」というお話から、趣味や生活習慣のお話まで、なんでも自由にたくさんお話しいただくように質問をしています。お話の中で矛盾があってもまったく構わないです。僕らがこんがらがった糸を解きほぐしていきますから。むしろ施主さんが話し切らないうちに設計がスタートしてしまうことのほうがよくないです。建築というのは「制約」の中での作業を行ないます。金銭的にも時間的にも場所的にもさまざまな制約を受けるため、施主さんの希望をすべて実現することは現実的には難しくなります。そうなると、優先順位が重要になるのですね。優先順位というのは、施主さんの価値基準で決まります。だから、建物の話の前に「その人」自身を知る必要があるのです。優先順位と一口に言っても、じつはみなさんあいまいですよね。言われてみて初めて「そういえば自分って?」ってなりますよね。お一人ならまだしも、ご夫婦や家族のように複数になってくると、もっとそうです。だからそれをていねいに整理する意味でも、僕はお客さんと話していて「優先順位」という言葉は本当によく使います。次に、「なぜ」という根っこの部分をきちんとつかむことが重要になります。たとえば「子供部屋が8畳ほしい」というご要望があったとして、「なぜその広さが要るのか」「そこでどのくらいの時間を過ごすのか」といった理由を掘り下げておくことで、もしかするともっといい方法が浮かぶ可能性もあるわけです。そうして考えていくと、住宅の建築士の仕事はつくづく「家族のコンサル業」だと思いますね。
場合によっては、セラピーにすら近いです。そこまで家族の人生に関わって、ようやくハッピーな家ができると思いますので。お客さんに向き合って踏み込む分、責任も大きいですよね。聞き取りをしていくうちに、「まだ家を建てないほうがいい」と提案したこともあります。まずは家族間の問題を整理して上手に解決することが大事で、焦って家を建てるべきではない、と。僕の仕事はそこでなくなりますけど、お客さんにとって一番のことであれば躊躇はしないです。

「施主」と「施工」と「設計」の三角形

建築の仕事でいつも意識するのが、三角形のバランスです。

*

真ん中に建築のテーマがあります。これはブレないようにします。バランスのよい形は正三角形です。どこかが暴走してしまうといびつな形になります。たとえば、施主さんに言われるがままに設計が図面を描くという仕事の仕方では、よいバランスにはたどり着けないです。施主さんのお話をいったん聞きながらいかにプラスアルファのアイデアを足して膨らませていけるかが、僕の仕事の大事な部分です。均等なバランスの三角形がよいのですが、その大きさが小さくまとまってしまうのもまたダメです。施主の強い要望を受け止めて、建築士がそれを返せるようにすることで三角形は大きくなります。さらに、現場の職人をくすぐっていかに力を出させるかというのも建築士の腕だと思います。

模型をつくる。手を動かして考える。

*

僕は、他の建築士よりも「建築模型」づくりに力を入れている建築士だと自負しています。実際に物体として見えてくると、やはり図面だけでは気づけないアイデアが浮かぶことが多いのです。これを億劫がらずに、いかに愚直に手を動かせるかということは、建築士にとって大事なことだと思います。物件単体としての建築模型だけでなく、時には「街全体の模型」をつくることもあります。これは、ひとつの建築が街に与える影響をきちんと検証しておきたいと思うからです。すべての建築は「施主さんの好み」で決まるのですが、少なくとも外構に関しては個人の好みを越えて答えを出す必要もあるのではないかと考えています。たとえば、外壁の色を決めるときに、社会性や公益性の観点から判断基準を提示することもあります。最後の判断の尺度として持っておくべきだと思います。

*

このことは、その土地の歴史や地勢や風土に対する眼差しを持つということにもつながってきます。僕が歴史好きというせいもありますが(笑)、たとえば古地図を辿って昔の土地利用を調べると、現代のこの土地に根差した建物がどうあるべきかという示唆を受けることがよくあります。それがそのまま物件に反映されなかったとしても、「施主さんの好み」というひとつの軸に対して、もう一方の軸で「土地の時間軸」を考えておくことが重要なのだと思います。

建築の「テーマ」を持つ。

このことはさらに、「建築のテーマ」を定めることにつながります。僕は毎回、物件ごとにテーマを決めています。先ほどの三角形の中心にある軸ですね。関係者全員でテーマを共有することで、ゴールが見えやすくなり、日々の作業でも認識のズレがなくなります。さらに、テーマを「言葉」にできると三者でイメージの共有が図りやすいという利点もあります。言葉には客観性がありますので。テーマは、できればシンプルで分かりやすいもののほうが強いですね。僕ら建築士は「設計でお金をいただきます」と言って、施主さんからお金をいただく以上、施主さんの気づかないところまで提案して差し上げたいと思うのです。施主さんの言いなりで仕事をしていては「申し訳ない」と思ってしまいます。その上でさらに、提案には「サプライズ」がなくてはならない、と思います。聞き取りをすることも、模型をつくり、テーマを決めることも、三角形を大きくしていくことも、現場を監理することも、もしかすると「よりよいサプライズ」に導くためなのかもしれません。お金をいただいて設計をするというのはそういうことだと思います。必死に頭を使って「よりよくする」にはどうすればよいかを考えつづけるのが建築士の仕事なのです。

*

仕事は、整理整頓。

お客さんの聞き取りをしてこんがらがった糸を解きほぐすこともそうなのですが、建築士の仕事の多くは「整理整頓」だと思っています。たとえば仕事をするデスクが整理されていることは、仕事の出来不出来に直結します。ここで言う「整理されている」というのは、必ずしもデスクの上がキレイという意味ではありません。どんなに書類が乱雑に積んであるように見えても、どこに何の書類が格納されているかを本人が分かっていて、すぐに取り出せるのであれば「整理されている」と言えます。逆に、デスクの上が片付いているように見えても、実態は書類をどこかにガサッと押し込んでいるだけでは整理されているとは言えません。建築には「案」の数がとても大事で、その数のためにはスピードが大事になります。一つ一つの案を考えて形にするスピードがなくては、量を出せません。そしてそのためには、整理能力がものを言います。どんな仕事でもそうかもしれませんが、現場の整理能力は思考力に比例するのではないでしょうか。

*

田口さんは元々、不動産ディベロッパーに所属して設計業務をしていたが、転職してコーポラティブハウスの設計に携わった。これが建築士としての大きな転機となった。それまではお客さんにちゃんと向き合えていなかったことに痛感させられたという。しかし同時に、お客さんの「御用聞き」に陥ることの危うさにも気づかされた。お客さんの聞き取りは必要だが、それをサプライズにして投げ返すところまでは、まだもう少しの時間を要したそうだ。今は、その両端を見てきたことで、お客さんの満足度の高いサプライズのある建築を実現している。

*

チーム the コモリ 一覧にもどる

  • 新着情報
  • チーム the コモリ
  • 建築へのこだわり
  • コモリのいいね
  • 3D + 2D
  • 相談のご予約

ページトップにもどる